コロナ子育てらくらくヒント

ワンポイントアドバイザー 江崎 喜久枝
コロナはとかく暗くなりがちな
重大な課題ではありますが
明るい終息を願ってのエッセイです。

<アイスダンス>

  • 2022.04.28

仮想空間・グレーゾーン    非常口 秘密のトンネルを抜けると    雪国 目映いばかりの    銀世界 ミステリアス 不可思議なロマンが 展開した    〈 ようこそ北京へ 〉 色彩の妙技  とめど なく  雪が降る     降りしきる  降り積もる                           たちどころに 白で埋め尽くす  大地は白一色 色彩の妙手  北京上空  みるみる間に  染め変 […]

<王者>

  • 2022.04.28

冬季 北京オリンピック        「 王者 」   ワールド・レコード ショートタイム・プログラム 命の更新 死があったからこそ 現在(いま)がある   断涯絶壁に立った 無敵のアスリート   風を切る 空(くう)を跳ぶ 宙を舞う 一歩誤れば  〝 死〝    生か死か !   決断の素早さ !   勇気に圧巻 !   固唾をのんだウィルス !     「命って光 […]

<コウモリの呟き>

  • 2021.12.01

かつて荒廃しきった時代 チャップリンは悲しみを笑いに変え 民衆にユーモアをふりまいた   がしかし 古生代から 密閉・密集・密接 洞窟に棲みつく 道楽者 コウモリ   ただひたすら食べて・寝て・遊ぶ 地球の温暖化・異常気象 「なんかムシムシするなあ〜!!」 洞窟から這い出すと 三途の川原の川遊び   ウィルスは人を選ばない どこにあっても自由・平等 ウィルスだって生き […]

<食べる・寝る・排泄する>

  • 2021.11.30

食べる・寝る・排泄する この当たり前の生活のリズムを どこまでも押し通し 朝・昼・晩が順調に訪れ 辛うじて狂いの少ない生活リズムを 守り通すことでしかないのだよ コウモリより愛をこめて

<コロナ UWASAの行方>

  • 2021.11.28

被疑者 コウモリUWASA U 嘘が多い W 悪口ばかり A 遊び半分安心 良かった 私でなくて S 責任がない A あなただけよと人から人へ皆に広がる だから人はマスクするまさかそんなにまで言われるなんて!!

<コロナ自粛>

  • 2021.11.25

家族っていいね今が一番いいね 「ヤッター!毎日ママと一緒」(園児)「学校…?毎日がお休み」(不登校児)※ゆとりは、時間ではなく”気持ちのゆとり” お家で学校ごっこ 体育 元気ならいい 国語 元気に「おはよう」 社会 手洗い・マスク、ルールを守ろう 音楽 生活の音とテンポとリズムを大切に 算数 上手にお金を使おう 理科 空を見よう、昆虫観察はアリから 冬のごちそうかな?セミの […]

<withコロナ withいじめっ子>

  • 2021.11.20

            感染しない・感染させない            いじめられない・いじめさせない コロナといじめっ子はよく似てる。誰にも好かれたい、誰にも嫌われる誰・彼なくコロコロ変わるぶりっ子、社交的良い所もあれば、役に立つこともある。慣れてくれば平気になり、防ぐ力となり、免疫!戦う力が出来てくる withいじめっ子いじめ群団、クラスター            触った人は、手を洗おう!   […]

<行く年・来る年>

  • 2021.11.15

2020年 クリスマスの晩の出来事 ジングルベルも聞こえない降りしきる雪静かすぎる程 でもサンタはきっと来る子供の心にずー、とずー、と生きつづけている サンタは死なないウイルスも死なない ーX’mas プレゼントー どの子にあげて どの子にあげないサンタは子供を選ばないウイルスも人を選ばない サンタはいるか? いないか? コロナに かかるか? かからないか? コロナにかかったら来るか? […]

<恐竜>

  • 2021.11.10

<恐竜> 世界中の子供の夢をのせ どこにでも運んでくれる 夢のシンボル 地上の汚いもの全て食べつくしてくれ 大きな澄んだ目 じっと見つめため込んだ 太古の光 輝く太陽 透明な空気 水 全てを約束してくれた コウモリを背に遊んだ頃が 妙に懐かしく 時々泣くこともある 自分の生まれ育った古里 同じ仲間がいる 古成代にもどらなければ いいのだかな・・・と思う

<聖火リレー スタート>

  • 2021.11.05

聖火継ぐ 手を休めてと 桜咲く 【コロナだより】 4月1日 コロナ神輿 ワクチン カンジン ワクチン ラクチン 神輿をかつぎ ワッショイ ワッショイ 国会を練り歩く コロナ特効薬出現 コロナ終息宣言 オリパラチケット 世界中から予約殺到 春らんまん コロナ和歌を詠む 変執長エイプリルフール

1 8