チェック表

チェック表

-心の病と少年犯罪の関係-

続発する少年犯罪と心の病は、
思春期前半(15才~)以降に発生しやすく、
まずは不登校という形で
症状を見せはじめることが多い。

この段階で早期発見!
いち早くサインをキャッチ!

まずは、苦しいと訴える
本人の気持ちを楽にすること。

そのためにも
訴え易い環境(教師・親・友人etc)があれば、
気持ちが楽になり
人間関係を楽にする。

楽になるから楽にし、
楽にするから楽になる。

この相乗効果によって、
本人が抱え込んでいる
勘違いや偏見・誤解を解くきっかけとなり、
人間関係の問題の半分は解決・・・

事件(少年犯罪)を
未然に防ぐ大きなきっかけとなるだろう。

心の病チェックポイントとその対応法

4.gif
5.gif

6.gif

※①の実年齢で対応するに関して
成長するにつれケースバイケース、ステップ毎に適切な対応は、
思春期・反抗期を楽に乗り越えられることができる。

気がかりなこと、心配なことetc.はご相談に応じます。
お気軽にお問い合わせください。