<コロナ 母心>

<コロナ 母心>

  生きるためには
  どんどん変わるしかない

—働き方改革— 
1人目の父
 パイロットになって イギリス
2人目の父
 船長になって インドへ
3人目の父
 中国へ行って医者
 母は看護師に
 
 しかし父は副反で死?

母は
ワクチンの戦火をくぐり抜け
瀕死の子を背に帰国

子育て支援・給付金を申請

しかし却下
 「どうして人間だけ!?」―

この子の命さえあれば
子を背負い屋台引き
 「 誰か要らんかねぇ—! 」
緊急事態宣言・不要不急の外出禁止
 「 誰かおらんかねぇ—! 」
人気のないスタジアムで
 「 ところで コーラはいらんかねぇ—! 」
 「 誰かいらんかねぇ—! 」
 「 やっぱり 誰もおらんのかねぇ—! 」

― 子等に贈る言葉 ―
   人類は兄弟
   コロナは異母兄弟

この子等の命さえあれば
新しい命の出会いを求め
また旅に出る

いつの日か
人類と家族になれる····

家族
ファミリーレストランで last supper
帰りに映画を観る

    戦争と平和
武器よさらば

生きがいあれば 死にがいあり
命にはルールがある
 「 強く生きるのよ 」 と
しっかり抱き締め

 「人様に迷惑だけは
 かけるんじゃないよ !! 」

と一言残し
消え去った