エッセイ

3/3ページ

和歌のライブはお笑いだった

  • 2007.08.07

<はじめて招待されたライブ> はじめて招待されたライブは 1ヶ月の闘病生活 退院直後のことだった。 感無量。 音楽を志す 一人前の人間として 一際グンと大きく見えた。 終始ニコヤカに、 「皆さん、こんなに沢山 こんなに遠くまで・・・ ところで、どこからいらっいました?」に、 思わず客席からヤジ! 「あの世から」と、一言。 低音で呟いた。 一瞬静まり返った場内。 これでは丸でお化け屋敷。 会場の片隅 […]

プロって何だ?デビューって何だ?

  • 2007.08.07

アーチスト 3つの壁 (音楽の友社より) ① デビューする壁 ② ヒットを出す壁 ③ ヒットを出しつづける壁 幼少期から 自然の厳しさに中で培った感性 そして、何事にも動じない精神力と体力。 それを支えつづけた母。 立ちはだかる壁を前に、 打たれても、打たれても、 立ち上がった母。 それが 行く手ミュージシャンをめざし、 数々の壁を乗り越える 原動力となった。

初めての海外旅行アメリカ旅行

  • 2007.08.07

ダイナミックな企画 …. がしかし たった一人、気がかりな子が …。 それは、あだ名が天然ボケの 江崎和歌だった。 海外旅行が初めてならば、 飛行機に乗るのも初めて。 しかも見知らぬ地、アメリカへ。 仲間は、気が気でならず、 天然ボケが時差ボケになると どうなるか? 迷子札でもつけておこうか? うわさをすれば 早くも症状をみせはじめ、 ボケーと登場。 その身なりに、 辺りの […]

バンタン合同修了発表会

  • 2007.08.07

卒業を控え 2年間の総仕上げ 本格的な舞台美術 2日間に渡った ぜいたくな晴れ舞台 その日まで育まれた個が 舞台ではじけ 競い合う 師と生徒が 「現在」を生き生きと いま 生きている現場の記録 教育の均等化 どの子にもどの子にも 均等に与えられた表現の場 発散の場をもてた幸せ者 とにかく今の若者は 生気や覇気に乏しいと言われるが まんざらじゃない! 捨てたもんじゃないな! —̵ […]

バンタン芸術学院卒業式の巻

  • 2007.08.07

学校という名のつく 和歌人生最後の卒業式 これまでとはうって変わって 評価は実技 赤点もなければ留年もない 自分のやりたいことを思いっきりヤレ! 歌を歌いたい子は 朝から晩まで歌を歌い ギターを弾きたい子は 朝から晩までギター、ギター 好きなことやれた2年間 師に感謝 音楽は恩学だった 式場はなかの ZEROホール これからは学費もかからず 自分の足で稼ぎ出す まさに0(ゼロ)からのスタート ケチ […]

バンタン卒業式祝いの膳の巻

  • 2007.08.07

卒業式も終了・・・・・ 和歌、卒業式の晴れ着は 前代未聞、寝巻き。 ちょっとシャレた言い方をしても パジャマだった。 在学中はインパクト。 卒業するときはもっとインパクト。 和歌インパクトには、 終わりがなかった —– が。 子が子なら 親も親。 負けず劣らず、もっとインパクトだった。 帰宅してみれば 母手作りの卒業祝いの膳。 卒業式の 手書きのシンプルなプログラムの中に […]

ある夏の日の出来事その1

  • 2007.08.07

ああ、ウゼェーナ~! ああ、1人暮しがしたい・・・ そのためには、 まず、お金を貯めること。 そして家を出ること。 そのためには、 家出をせねば! よし、家出をしよう! 床の上のメモ。 作詞かな? 意味不明。 そんな或る日 ○○○海岸 持ち物:水着・オニギリ マンネリズムとさよなら よし!決行! 走り書きのメモ一行残し、 水着と共に去りぬ。 突然姿を消し、 部屋からいなくなる。 私 「ねぇ、和歌が […]

ある夏の日の出来事その2

  • 2007.08.07

むなしさだけが、響き渡る。 丁度その頃、 早朝の海いっぱいに響き渡った 海岸線沿いを裸足で走る 女達の黄色い掛け声 「ハイ! ハイ! ハーイ!」。 焼けつく砂浜 照りつける太陽 昼日中、炎天下。 しかも 素足で走り続ける 日焼けしきった 黒の軍団。 ザブン ザザーン 高波にさらわれては かき消され、 波打ち際に残された 無数の足跡。 「和歌、今ドーコ?」 「和歌は、ここだよ!」 ザブン  ドドドド […]

ある夏の日の出来事その3

  • 2007.08.07

(一人暮しをはじめる、はじめの一歩)   3ヶ月もたったある日、 ホレッ! これ良く見てみろ と、言わんばかり。 部屋の真ん中に貼り出された 1枚の修了証書と募集広告のチラシ。 <アルバイト募集> ツボ押しマッサージ(研修あり) 時間帯:深夜1: 00 ~明け方 時 給:0000円 「六本木△△△ハウス」 “ツボ押し” エッ!どこ押すの? “ツボ押し& […]

その名も 節約日和 その1

  • 2007.07.07

――1人暮しをはじめる―― バイトに音楽 生き方・喰い方・稼ぎ方 3足のワラジを器用にはきこなし、 寝る間も惜しんで お金、金を貯めはじめる。 <1人暮しの鉄則> 1.寂しがらない 2.無駄は省く 3.依って、ボーイフレンドはつくらない 3、4ヶ月もしたある日、 和歌 「お母さん、私、1人暮しをするの!」     保証人になってくれない?!」 言うが早いか、契約書を手に ハンコを押せ押せと 詰め寄 […]

1 3